Fandom

防災情報研究 Wiki

緊急地震速報(NHK)

10このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

NHKでは、テレビとラジオのすべての放送波で速報するシステムを、2007年10月1日から運用を開始。テレビでは、専用のチャイムと震源地と揺れの予想される地域を表示する。ラジオでは、通常番組を打ち切る形でテレビと同じ内容を自動音声が読み上げる。

概要編集

全自動のシステムによりテレビ・ラジオの全波で速報する。テレビはスーパー(地図と地名を表示)と自動音声で、ラジオは通常番組を中断して自動音声で地名を読み上げる。震源に近い地域では間に合わないなどの技術的限界もあるが、被害の軽減に役立つことが期待されている。

津波警報 や大規模地震などの緊急ニュースに対応するため、気象庁からの情報をもとに特別報道番組への切り替え準備を自動で整える設備があるが、最終的には人の手による判断で特番への切り替え操作を決定する。しかし、緊急地震速報については一刻を争う情報のため、電文の受信から送出までを完全に自動で行うべきであるとの判断から、すべての工程を自動で行うシステムが導入された。

文字スーパー編集

Zu nhk.jpg

EEW_NHK文字スーパー

デジタル放送では、映像の圧縮を行うため、受信機で映像を伸長するのに時間がかかる(3~5秒)。このため、「緊急地震速報 」の文字スーパーだけデータ放送の仕組みをつかって先に送り、視聴者に注意を促すようにしている。


地図付きスーパー編集

86c97193.jpg

EEW_NHKの地図付きスーパー

Av8SfH8CIAAGhi9-1-.jpg

EEW_文字のみ

震度4以上が予測される地域の地図、および対象の地域名をまとめたスーパー。

文字数としては、14文字2行が基本。これを超えるときは、都道府県表示をやめて地方単位表示に切り替えたり、それでも足りない時は表示枠が大きくなる。

地図付きスーパーは、文字のみの表示に切り替えることもできる。

自動音声(ラジオ)編集

ラジオでは、チャイム音に続けて、地震の発生地域と強い揺れの予想される地域を自動音声にて読み上げる。(地域名を事前に収録したものを使用)

システム編集

Nhk eew system.jpg

緊急地震速報の送出システム

気象庁の警報発表から、視聴者に表示するまでの流れは次のとおりである。#気象庁が緊急地震速報(警報)を出す

  1. NHKの放送センターと大阪局にある受信機で電文を受け取る
  2. 受信機は、全国の拠点局の緊急地震速報配信サーバーにむけて電文を送信
  3. サーバーは拠点局・放送局にある「緊急地震速報作画装置」・「自動アナウンス装置」・「チャイム音再生装置」・「送出装置の操作を行う通信機」など、緊急地震速報の表示に必要な準備を行う装置に命令を出す。
  4. サーバーは一定時間が経過すると、表示を消すように命令を出す。
  5. サーバーは自動で待機モードに戻る

以上のような流れのため、ローカル放送中でも全国共通の地図付きスーパーが表示される。


(詳しくは:https://www.jstage.jst.go.jp/article/itej/62/9/62_9_1366/_pdf)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki