FANDOM



Emergency Warning System:災害に関する放送。起動制御信号などによって、受信機が強制的にその放送を視聴できるようにするもの。

制度趣旨編集

津波警報が発表されたとき、自治体からの要請があったときなどに、特殊な信号を送ることでスタンバイ状態のテレビ受信機やラジオのスイッチをONにするというもの。

デジタル放送移行後編集

TMCCに緊急警報放送用起動フラグが設けられたり、PMTに緊急情報記述子として設定されているため、人の目や耳に触れる形で信号音(アナログテレビ放送やラジオ受信機向けのピロピロ音)を出さなくてもよくなった。

緊急警報放送(EWS)の運用編集

放送局側編集

開始手順

  1. EWS の条件(start_end_flag、第1種/第2種種別、および地域符号)を設定した緊急情報記述子を PMT にて送出する。
  2. 放送事業者は TMCC の緊急警報放送用起動フラグを 1 として送出する。
  3. 緊急警報放送と認識できるコンテンツで放送を開始する。

終了手順

  1. 緊急警報放送用起動フラグを0にして送出
  2. PMTから緊急情報記述子を削除する

受信側編集

受信機は、TMCCを監視して警報放送の開始を検出し、PMTを読みに行く。

ただし、ほかの放送局を視聴中に別な放送局で警報放送が始まったことを検出するわけではない。(例:民放を視聴中にNHKで警報放送が始まったのを自動で検出するわけではない。)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki